セルライト全般

憎きセルライトを輩出するには

2セルライトって結構目立つので、みなさん気になりませんか??
正しい知識を持ってセルライトに対処してあげれば見た目は断然よくなると思います。

まず、セルライトについてどんなものかご存知でしょうか?
体内の毒素と、脂肪分が結びついてできた体にとっては要らないものなんです。
現代の食生活では、添加物や不要な油、糖分などがあふれかえっており、すべてを避けて通るのはほぼ不可能に近いといわれているそうです。
なので、知らず知らうにいろいろなものを口にしてしまうと、それがセルライトの原因だったりします。

ではどうしたらいいのか?
食生活を健康なものにすることはもちろん、改善への一番の近道ですが、正直難しい部分もあると思います。

ではまずはセルライトをもやしてあげたらいいのではないでしょうか。
まず、セルライトは体内の毒素、脂肪が結びついてできていると前述で記載しましtが、実はこれ、強力に結びついているので、結びつきを剥がしてあげないといけません。
よくモデルさんがセルライト潰しに行ったブログなどかいていませんか?
これをしてあげないと体外へ排出できないことを知っているからだと思います。
”潰す”というだけあって、とても痛いです。かなり痛いですが、それがあなたが今までため込んでしまった毒素なのです。
専門のサロンもありますので、そちらを利用してもいいかと思います。
ここがまず第一歩。結びついているものを剥がしてあげたあとは、まず、毒素を体外へ排出します。
これは、尿や汗で輩出しますので、水分をとって体外へ排出できる環境を作ります。
逆に言えば、毒素を出すのはその方法しかないので、セルライト潰しを行った日は特に、多めに水分をとることをお勧めします。

と、ここまでいろいろ書きましたが、脂肪吸引するにしても、セルライトの知識がないとした後キープするための努力さえできないと思います。
セルライトをつぶしてリンパを流してキレイになりましょう!

セルライト全般

見逃せないセルライトのランクとは?

困る女性セルライトで代表的な自覚症状はのはオレンジピールスキンといって、オレンジの皮の表面のようなブツブツ凹んだ感じになるものです。
ところがこのオレンジピールスキンは、セルライトの単なる3段階目ということでしかありません。

むくみから始まるのがセルライトなのですが、初期段階では押すと凹んで戻りにくくなります。ぶつけたときにあざが治りにくいなと思ったら、むくみよりもセルライトを疑うようにしてください。

そして1つ段階が進むとオレンジピールスキンよりは目立ちませんがデコボコがわずかに見えると思います。肌はまだ柔らかくて滑らかです。摘まむと皮膚や脂肪の厚みを感じる人もいます。

そして3段階目のオレンジピールスキンはご存じの通り、少し皮膚を引っ張るとオレンジの皮のように見えて、そこから悪化すると、セルライトの最終段階に入ります。それがマットレススキンです。

寝具のマットレスには、突起が波を打って配置されていて、眠りやすそうなタイプがあると思います。肌があのイメージに近くなっていきます。肌や脂肪細胞の柔軟性が失われて、触ると硬いデコボコがあるのに気が付くでしょう。

血行不良の限界を超えたようなコンディションなので、肌の硬さと冷たさに驚くかもしれません。

初期段階や2段階目くらいなら何とかセルフケアでの改善も期待できますが、3段階目から最終段階まで進んでいると自分で解決するのは難しいといわれています。

セルライト全般

脂肪吸引のリスクについて

5脂肪吸引によるリスクには、様々なものがあります。

まず一つ目は、感染症です。
脂肪吸引は体にメスを入れて行う手術ということもあり、感染症の危険があります。
カニューレを挿入する時の傷や処置の時に負ってしまう火傷、脂肪組織を吸引する際に内部組織を損傷してしまうことなどにより、感染症が起こることがあります。

そして二つ目は、多量出血です。
手術の時に止血が適切に行われなかったり、多量出血によって貧血になったりショック症状が起きたりすることもあります。
これは最悪の場合、死に至ることもあります。

そして三つ目は、脂肪塞栓症です。
脂肪吸引するために脂肪組織がゆるめられ、これが血管の中に入ることで血栓症を引き起こす可能性があります。血栓を肺で起こすと肺塞栓になり、脳に移動してしまうと脳塞栓になります。
すぐに対処しなければ後遺症が残ってしまい、死に至るケースもあります。

そして四つ目は、内臓損傷です。
腹部の脂肪を吸引する時にカニューレの操作を誤ってしまうと、内臓を損傷することがあります。実際に、内臓損傷による死亡事故も起きています。そして五つ目は、麻酔によるトラブルです。
脂肪吸引には、局所麻酔、硬膜外麻酔、静脈麻酔、全身麻酔の四つの方法があります。
リスクの大きさはそれぞれで異なりますが、ショック症状やアレルギー症状を起こすなどして命に関わることもあります。

このように脂肪吸引には様々なリスクが伴うので、医師の説明をきちんと受けてから施術をしてもらうようにしてください。

セルライト全般

セルライトのタイプ別による落とし方

Young woman with cellulite
Young woman with cellulite
セルライトには四つのタイプがあり、それぞれのタイプに応じた適切なケアを行うことによって、セルライトをきれいになくすことができます。

まず一つ目のタイプは、脂肪型です。もともと脂肪が多く太めの人に多いのが、このタイプのセルライトです。
この脂肪型の人は、普通にダイエットを行うことにより、比較的早い段階でセルライトを落とすことができます。

そして二つ目のタイプは、線維化型です。このタイプの人は、セルライトが固い塊のようになってしまっているので、そんなに簡単に落とすことはできません。
毎日セルライトをつぶすマッサージを行うことで、時間をかけて落としていくことになります。
マッサージを習慣づけて、根気強く続けることが大切です。

そして三つ目のタイプは、むくみ型です。
これは、むくみがちな人や冷え性の人に多いタイプです。
リンパの流れや血液の流れが悪いとセルライトができやすくなるので、このタイプの人はマッサージを行うことで、滞りをなくしていきながらセルライトをつぶしていくことで、解消していきます。
セルライトエステなどがオススメです。

そして最後の一つのタイプは、筋肉型です。
これは運動などをして体を鍛えていたことのある人に多いタイプです。
このような人は、急に運動量が少なくなって筋力が低下してしまうことで、セルライトができてしまいます。
運動不足をなくすことでセルライトが気にならなくなりますが、他のタイプに比べると時間がかかるので、継続して運動をすることが大切です。

セルライト全般

こまめにマッサージをしただけで

3長い間お付き合いしてきたセルライト。
少しお肉を掴むだけで、大量のボコボコが浮き出ます。
そろそろお別れがしたくて、イロイロためしましたが、なかなか落ちない。
セルローラー、かっさ等でのマッサージもためしましたが、あまりに痛くいのと、セルライトが潰れたあとが痣になるのが気になって、長続きしませんでした。

セルライトは潰すのがいいと聞いたので、もう単純に指で潰してしまおうと、つまむようなマッサージを意識して行うようにしました。
腕、お腹、太もも、お風呂で体を洗う時や、湯船につかっている時。
テレビを見ながら、仕事をしながら。
気付いた時にモミモミと。

気が付いたら、目に見えて変化がありました。
特に太もも。
パツンパツンだった太もものあたりがゆったりになっていたのです。
なにか運動をプラスしたわけでもないのにこの効果は本当に驚きました。

お腹の脂肪も減ったように感じます。
だんだん摘まめるお肉が減っているような気もするし、横から見たウエストの幅が薄くなってきたなぁと。
腕に関しては、自分ではあまり変化は感じられませんが、周りかは「スッキリしたね」と言ってもらえました。

誰にでもできる簡単なことなので、是非試していただきたいです。
コツは緩々でもいいので続けることだと思います。

私もまだまだプ二プ二なので、今後は軽い運動、筋トレもプラスして、更にシェイプアップしていきたいと思います。