美容全般

女性ホルモンと美肌の関係

困る女性女性ホルモンが少なくなってくると、美容にも悪影響を及ぼしてしまいます。
肌や髪の毛がボロボロになってしまっては、本来の美しさを保つことができないと思います。

食事で女性ホルモンの量を維持しようとするならば、やはり大豆イソフラボンが必要だと思います。
私はもともと大豆食品が好きで良く食べていましたが、大豆イソフラボンのことを知り、ますます意識して食べるようになりました。

私は毎朝豆乳を飲んでいますが、この習慣にしてからは肌や体調が良くなってきたような気がします。
体調が思わしくないと時には日常生活に支障をきたしてしまいます。

女性ホルモンが減ると美容に悪影響を与えるだけではなく、基本的な生活さえもままならなくなってしまうので、ある意味怖いものだと思います。

毎日、栄養のバランスの取れた食事をすることは、一見地味なことですがとても大切なことだとつくづく感じています。

毎日の栄養やカロリー計算までは行っていないですし、そこまでするとノイローゼになりそうなのでやりませんが、ざっくりと栄養やカロリーを考えることは大切だと思います。

私は最近、超早起き型の生活をしていますが、朝一番には自分の好きなお菓子を食べるようにしています。
そのことで毎朝の楽しみが一つ増えました。

お気に入りのテレビ番組を見ながら、好きなお菓子を食べることは、今まで夜や夜中にやっていました。
しかし、早朝にもってきたことで、ダイエット効果もありますし、肌や胃腸のためにも良いと実感しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です