セルライト全般

脂肪吸引のリスクについて

5脂肪吸引によるリスクには、様々なものがあります。

まず一つ目は、感染症です。
脂肪吸引は体にメスを入れて行う手術ということもあり、感染症の危険があります。
カニューレを挿入する時の傷や処置の時に負ってしまう火傷、脂肪組織を吸引する際に内部組織を損傷してしまうことなどにより、感染症が起こることがあります。

そして二つ目は、多量出血です。
手術の時に止血が適切に行われなかったり、多量出血によって貧血になったりショック症状が起きたりすることもあります。
これは最悪の場合、死に至ることもあります。

そして三つ目は、脂肪塞栓症です。
脂肪吸引するために脂肪組織がゆるめられ、これが血管の中に入ることで血栓症を引き起こす可能性があります。血栓を肺で起こすと肺塞栓になり、脳に移動してしまうと脳塞栓になります。
すぐに対処しなければ後遺症が残ってしまい、死に至るケースもあります。

そして四つ目は、内臓損傷です。
腹部の脂肪を吸引する時にカニューレの操作を誤ってしまうと、内臓を損傷することがあります。実際に、内臓損傷による死亡事故も起きています。そして五つ目は、麻酔によるトラブルです。
脂肪吸引には、局所麻酔、硬膜外麻酔、静脈麻酔、全身麻酔の四つの方法があります。
リスクの大きさはそれぞれで異なりますが、ショック症状やアレルギー症状を起こすなどして命に関わることもあります。

このように脂肪吸引には様々なリスクが伴うので、医師の説明をきちんと受けてから施術をしてもらうようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です